全自動で資産運用WealthNaviの実績公開!(開始7か月、2019年2月版)

2019年2月5日貯金・投資, 資産運用

WealthNaviで資産運用やってますか?

資産運用やろうと思いたったもののギャンブルに近いような運用で、逆に資産が溶けると元も子もないので、ある程度堅実なものを探していました。そこで見つけたのがWealthNavi(ウェルスナビ)です。

WealthNavi(ウェルスナビ)なら、全自動で10万円から始められます。しかも、毎月自動で積み立て可能なので、資産運用しつつ貯金みたいな感覚でできるので、とっても楽です。

世界水準の金融アルゴリズムは、これまで一部の富裕層や機関投資家など、特別な層だけのものでした。

テクノロジーの力で、誰もが世界水準の資産運用をできるようにしたのが、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」。相場の動向に惑わされず、あなたの代わりに、すべて自動で資産運用を行います。

 

WealthNaviの運用7か月目の状態

さて、WealthNaviの運用6か月目の記事では、「-¥12,463」の運用実績でしたが、WealthNaviを2018年6月22日に始めてから、2019年2月現在、実績がどうなったか見ていきましょう。

先月と変わらず、投資としては赤字です。。

昨年の年末に引き続き、世界的な経済としては株安で推移しているという事でしょうか?経済には明るくないので詳しくは分かりませんが、どこかの大金持ちや機関がリーマンショックのような事を警戒して資金を引き上げているといった事が起きているのでしょうね。

今回は、先月と比べて2点だけ大きな違いがあります。1月にガクっとグラフが下がっていますが、実は一部の投資金5万円を引っ越し費用のために出金しました。投資的に赤字の時に引き上げるのはどうなのさとは思いましたが、背に腹は変えられません。

WealthNaviのいい所は、いつでも好きな金額だけ出金できる事です。今は投資的にマイナスなので、銀行に預けてお金を補完していた方が損がなくて済んだかもしれませんが、これがプラスの状況であった場合、銀行に預ける感覚でそれなりに増やせて出金できるという事です。

もうひとつの違いは、積み立てを停止したことです。やはり2019年はどうも株安になっていってる気がするので、いったん停止することにしました。底を着く頃にまた再開しようと思っています。それまでは、現在の投資金12万円はそのまま塩漬けにしておこうかなと考えています。

まとめ

今回は、短期中期的にみて、個人的には大きく方針転換したつもりです。これが吉とでるか凶とでるかは誰にもわからないでしょう。しかし、半年以上続けてきて思うのは、お金に関する関心や興味というのが、少しずつ馴染んできたと思います。

できることなら、もっと大成したいですね。