クリエイターと読者をつなぐ「note」を使ってみた所感報告

2018年11月8日日記, 雑記

2015年から話題になりつつある新しいSNS「note」はご存知でしょうか?

note ――つくる、つながる、とどける。

note(ノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを
手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。
ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、
コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。

note所感

最近始めたばかりですが、
ざっくりした例えをさせてもらうと、
Twitter&Evernoteという印象です。
自分の気になったことをテキストに起こしたり
写真をアップしたりなど、正直言って何気なく使う分には
やってる事は従来のSNSと大差ありません。

ただし、一点だけ決定的に異なる点があります!

それは…

『自分のコンテンツを有料販売できる事』!

今まで無料で垂れ流していた文章や写真・動画なんかを
もしかしたら誰かがお金を出してくれるかもしれない。
しかも手軽に有料販売できちゃう。
もちろん、低品質な物を売りつけるようなマネはダメですが…。

例えば、創作した漫画・音楽・映像・小説など
気軽に販売したい方は、試してみる価値はありそうです。

気になるのは、UIを見る感じだと
コンテンツが流れやすい&埋もれやすいんじゃないかって
思うのですがどうなんでしょうね。
継続的に投稿をしてフォロワーを増やしていくのが
定石になるのかなあ。

ツイッターや他のSNSに比べると、
「スキ」(イイネみたいな物)の反応が多い気がします。
反応があると、投稿する側としてはやっぱり嬉しいですね。

ちなみにnoteでは、「紙屋ニトロ」という名義で投稿していますので、
もし良かったら覗いてみてください。

note 紙屋ニトロ