映画「リメンバー・ミー」は面白いのになぜ流行らなかったのか?

エンタメ, 映画ディズニー

映画「リメンバー・ミー」の概要

ディズニー/PIXARの映画「リメンバー・ミー」を観る機会があったので、その感想を書きます。ディズニー/PIXARが作る映画の面白さについては説明するまでもなく、やはり「リメンバー・ミー」についても物語や映像美はさすがのクオリティです。ハリウッドの大作映画ましてやディズニー映画としては珍しくメキシコが舞台になっており、メキシコの文化が色濃く反映された(と思われる)世界観になっています。物語の概要は以下の通り。

ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。だが、彼の一族は代々、音楽を禁じられていた。ある日、ミゲルは先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった。日の出までに元の世界に戻らないと、ミゲルの体は消えてしまう!そんな彼に手を差し伸べたのは、陽気だけど孤独なガイコツ、ヘクター。やがて二人がたどり着く、ミゲルの一族の驚くべき“秘密”とは?すべての謎を解く鍵は、伝説の歌手が遺した名曲“リメンバー・ミー”に隠されていた…。

映画「リメンバー・ミー」の感想

※ネタバレなし。

正直あまり期待せずに観ました。主人公になんらかの目標や夢があって、壁や妨害にあいながらも周りの助けを得ながら成長し、最終的に夢を叶えるといったよくあるパターンの映画じゃないのと思ってみていたのです。

ところがどっこい、見事に読みを外してきた伏線と何世代にもわたった長時間軸の家族の物語に感動しました。なぜ家族は音楽を嫌うのか、伝説の歌手、ミゲルの夢、それらが見事に物語をドリブンし最終的に点と点がつながってビビっとくるような結末へと収束していきます。

詳しくは映画を見てね。

映画「リメンバー・ミー」は面白いのになぜ流行らなかったのか?

映画を観終わったあとの余韻は心地よく、ふと思ったことが「リメンバー・ミー」は面白いのになぜ流行らなかったのか?もしかしたら自分が鈍感なだけで実際は流行っていたのかもしれませんが、観に行ったとか映画の感想や批評について家族やメディアで話題にあがることはなかったように思います。

じゃあ何故なのかというと、ぱっと思いつくのは下記3つの理由です。

【登場キャラクターのインパクト】
…普通の少年という設定なので仕方ないかもしれません。見た目は普通で特殊能力があるわけでもありません。例えば、どういうキャラが主人公級かと言うとコスプレされる程のキャラクター設定(生い立ちや造形)が必要だと思うのです。ディズニーといえばプリンセスですが、比べられたらさすがに分が悪そうです。

【音楽が初見では耳に残らない】

…音楽を題材にした映画でしたが、初見では耳に残りませんでした。ひどい音楽だとは思いませんし、むしろいい音楽だと感じました。特に最後のシーンなんかは。ただただ、そこが惜しいですね。名作というのは得てして耳に残る名曲が必ずあります。「インディジョーンズ」「アナと雪の女王」「スターウォーズ」「ゴジラ」「君の名は」「ととろ」など数えあげればキリがありません。

【マーケティングがほどほどだった】
…もうこれはディズニー社の意向と予算などによりますので、なんとも言えませんね。

いろいろと書きましたが、映画「リメンバー・ミー」はぜひオススメしたい映画です。興味がある方や興味が湧いてきた方はぜひ観ましょう!