アイアンウッドの家具でまとめたインテリアにするコツ

ノウハウ, ライフハック

お洒落なインテリアとは?

2月~3月は出会いと別れ、新たな門出の季節ですね。さて、この時期は親元を離れて一人暮らしを始めたり、転職や転勤などで新しい家に住む方も多いでしょう。そこで、ちょっとこだわりたくなるのがインテリアです。どうせ住むならお洒落にして、毎日いても飽きない家にしたいですね。

お洒落とはなんでしょう?

正直にいって、お洒落の感覚は、趣味嗜好で人それぞれですので、当記事では個人的体験をもとに、家具をアイアンウッドにまとめる際の注意点を書きます。

アイアンウッドの定義は、木と黒く塗装された鉄製の家具とします。ブラックアイアンフレーム家具と呼ぶ事もあるようです。

アイアンウッド家具は、木の色合いを統一しよう

アイアンウッドの机や本棚・テーブルなど、木で出来た部分の色合いや木目などは、製品ごとにまったく異なります。引っ越しを機にアイアンウッド家具を買いそろえたのですが、実は微妙に色合いなどが異なっていて、統一性に関してはちょっとしたアンバランスさを残す結果になりました。

これは、大きさや値段・機能性など、こだわりがあるほど悩ましい問題になります。もしも、見た目の統一感を優先して、機能性などは二の次にできるならば、なるべく同じメーカー制のアイアンウッド家具を買いそろえた方が、統一感においては安心です。

アイアンウッド家具は、重さに注意

アイアンウッド家具ですので、当然ですが「鉄」と「木」で出来ていて、どちらも重い物なので、総重量が何十キロにもなります。その為、プラスチック性などと違い、気軽に位置変更がしずらい面があります。また、家具を動かす時に、引きずってしまうと床を傷つける恐れが高くなります。アイアンウッド家具は、なるべく一人でも移動が可能な程度の重さを選ぶといいでしょう。

アイアンウッドのテーブルは、歪みに注意

念のために気をつけた方がいいことが、アイアンウッドテーブルなどの木でできた広い面の歪みです。買った直後はまっすぐでも、経年劣化による歪みが発生する家具もあるようです。自然の物をつかっているので、無理やり平面に加工しても時間とともに元の形に戻ろうとしたり、湿気などの環境で形状が変化するのかもしれません。そのあたりは、通販サイトなどのレビューを観るようにして、先人と同じ轍は踏まないようにしましょう。