花見の歴史は1000年以上!?悠久の伝統は続いてく。

2018年11月8日日記, 雑記花見

この時期になると一斉に桜が咲きますので、開花に合わせて、これまた一斉に花見をする人が多いと思います。

そんな例に漏れず、先日花見に行ってきました。

 

で、ちょっと気になったのが『花見の歴史』です!

いったいいつ始まったのか、どのようにして続いているのか?

気になりませんか?

 

Purple 100%

Wikipedia調べにはなりますが、

その起源は、奈良時代(710年 – 794年)だそうです。

およそ1300年の歴史!

今も昔も花を楽しむ感覚は、大きくは変わらないんでしょうね。

1000年以上にも渡る普遍的な価値観ってこういう事を言うのでしょう。

それにしても、すげー長い!長く続く歴史を持つ日本もすげー!

 

奈良時代に貴族の行事として始まった花見は、鎌倉・室町時代になると武士階級に広まり、さらに時を経て、江戸時代になってから庶民に広がったようです。

 

簡単にまとめてしまいましたが、こうやって歴史を紐解いていくと知識欲が刺激されて面白いですね!

普段気にも留めない何気ない日常にも歴史が溢れています!