【体験談】マークイズ福岡ももちに行ってきた!メリットとデメリット

2018年12月14日日記, 雑記

「MARK IS 福岡ももち」とは?

マークイズ福岡ももち」とは、2018年11月21日に開業した福岡ドーム(ヤフオクドーム)のすぐ横にできた商業施設です。以前、ホークスタウンモールのあった場所を再開発して作られました。

ホークスタウンモールの最後の方は、正直に言って寂れていたので、開業の活気をどこまで維持しさらに盛り上げていくのか、今後、要注目の施設です。

MARK ISマークイズ)』は、街とともに成長し、人々に長く深く愛され続けるランドマークでありたいという願いを込めて名付けられた、三菱地所グループの単独商業施設です。 引用元:公式サイト

実際に行って感じた「MARK IS 福岡ももち」のメリット

行ってみて一通りまわってみた結果、キャナルシティ博多に非常に近い印象を受けました。服飾店、インテリア、雑貨店、映画館、カフェ、フードコートなどがテナントとして入っており、ゆめタウンやイオンにも引けを取らない施設です。

百道浜の近辺に住んでる方であれば、「マークイズ福岡ももち」に来るだけで結構ヒマをつぶせそうです。

個人的には、インテリア・雑貨系のセレクトショップがオススメです。少々値が張りますが、本当にオシャレな物が多数置いてあり、もしお金があれば、これとこれを買ってといった妄想が膨らみます(笑)

開業したばかりだったので、野球はオフシーズンでしたが、福岡ドームに近いことはやはりメリットでしょう。ホークスタウン時代に比べてテナントも充実しているように思いますし、野球を見に行った時の試合前や試合後の時間つぶしや休憩に最適な場所になりそうな気がします。

実際に行って感じた「MARK IS 福岡ももち」のデメリット

博多や天神が近いなら、あまり行く必要はないでしょう。ここでしか買えないような物は、セレクトショップを除きあまりなさそうなに思いました。

また、施設の中央部分のみは吹き抜けになっていますが、それ以外の場所が閉鎖的で似たような景色に見えるため、店を出るたびに今自分がどこにいるのか、戸惑うことが多かったです。

 

行って損はないと思いますので、気になる方はぜひ行ってみてください!