ズボラにおすすめ!引っ越しシーズンの効率的な断捨離の方法

ノウハウ, ライフハック

なぜ断捨離が必要なのか?

この記事を読んでいるということは、何かしらの理由があって断捨離を検討しているのだと思います。それを言語化して、現状をしっかり認識しましょう。

・物が溢れて置く場所がない

・引っ越し先の部屋が狭い

・引っ越し先の部屋の収納が少ない

・形見だから処分しにくい

・古い物だから逆に貴重そう

いずれも立派な理由です。限りある自宅の収納スペースにおいて、物が多いとまるでテトリスのように、隙間に物を置いていくことになり、やがて溢れることになります。断捨離したい人に共通して言えることは「物を捨てて、身軽になりたい」ということです。

断捨離してリセットすることで、自宅を理想の空間に変化させる近道になるのです。

ズボラにやさしい断捨離の方法

一度手にした物は愛着が湧きますし、用途がなく作られた物なんて基本的にありません。一気に片付けしようとするから難しいのです。

ズボラに優しいやり方は、「段階的に取捨選択していく」「理想の部屋に置くならで考える」です。まずは「段階的に取捨選択していく」から解説しましょう。

断捨離は一気にやろうとするから躊躇してしまうのです。一度手放した物は戻ってきません。その為、プレッシャーを感じて、もったいなくなってくるので進まないという事です。そこで、一気に断捨離する物を決めるのではなく、以下のように段階的に行っていくと、気分がかなり楽な状態で行えます。

第一弾:使い終わったもの、使っていないものを選別して、まとめて部屋の片隅に置いておく

「いま使ってないもの」や「いつ、だれが、使う」の予定がない物は、どんどん部屋の片隅に置いていきましょう。いらない物は使ってない物です。

部屋の片隅に置いておく所がポイントです。そう、捨てる訳ではなく、あくまで候補として部屋の片隅に置くだけです。これなら後からやっぱり、やめておこうと取り返しがつきます。

第二弾:残った物は本当にいるもの?理想の部屋が作れるとして、その部屋にも置きますか?

少し隙間が出来てきた棚や収納から、さらに選別していきます。ここでのポイントは「理想の部屋に置くならで考える」ことです。第一弾で選別で生き残った物達は、ある程度使っていたり、お気に入りの物になっているはずです。残ったアイテムは理想の部屋にも置き続けたいと思えますか?

「理想の部屋に置くなら」でイメージが難しいなら「無人島に〇〇個だけ持っていくなら」と考えるのもいいと思いますよ。

第三弾:もう部屋の片隅に置いていますね。あとは決断するだけです。

ここまで来たら、最後にもう一度だけ部屋の片隅に置いた物を確認して、決断してしまいましょう。使っていないもの、使う予定のないもの、理想にはいらないもの、それらは思い切って断捨離しましょう。

断捨離してリセットすることで、自宅を理想の空間に変化させるチャンスですよ。

まとめ

3段階にわけて実施していけば、一遍にやらなくてもいいので、ズボラな人でもちょっとずつ断捨離を進めることができます。

使い終わったもの、使っていないものを選別して、まとめて部屋の片隅に置いておく。

残った物は本当にいるもの?理想の部屋が作れるとして、その部屋にも置きますか?

断捨離に踏み出せなかったあなたの背中を押せたのなら幸いです。