風の谷のナウシカに似たマンガ!【オススメ本】シュナの旅 / 宮崎 駿

2018年11月8日エンタメ,

シュナの旅

作物の育たない貧しい国の王子シュナは、
大地に豊饒をもたらすという「金色の種」を求め、西へと旅に出る。
つらい旅の途中、人間を売り買いする町で商品として売られている姉妹と出会う。
彼女らを助けた後、ひとりでたどり着いた「神人の土地」で、
金色の種を見つけるが…。

あの「風の谷のナウシカ」に似た世界で、

苦難に耐え信念を持ち、誇り高く生きる少年少女の物語です。

恐らく多くの方にとって、心に残る作品です。

少し大げさにいえば、人間とは何か?生きるとは何か?

そう問いかけられている読後感があります。

本の形式は「マンガ」ですので、活字はちょっと・・・という方でも気軽に読めます。

 

マンガ雑誌でこういった作品がチラホラあってもいいと思うんですけど、なかなかありませんね。

ちょっと残念です。

カッコいいアクションや決め台詞がなくてもいい。

人間の本質、普遍的なテーマを扱った異世界のマンガどこかにないかなあ。