「秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本」昭和の風景を凝縮!

エンタメ,

「秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本」の概要

「秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本」は、アメリカ人のJ・ウォーリー・ヒギンズ氏が、縁あって日本の各地方で撮ったカラー写真を厳選してまとめた写真集です。J・ウォーリー・ヒギンズ氏は、今でいう鉄道マニアとでもいうような鉄道好きな方で、鉄道中心の写真が多いですが、今では見かけなくなった路面電車等も含まれている為、昭和30年代のリアルな街中の風景もあり、しかもカラーでたんまりと観る事ができます。

ふつうモノクロでしか見ることのできない昭和30年代の日本を、カラー写真で記録していた人物がいた。アメリカ出身、日本と日本の鉄道をこよなく愛する元祖「カラー撮り鉄」、J・ウォーリー・ヒギンズ。駐留米軍軍属として来日後、国鉄の顧問に。日本全国をくまなく訪問し、趣味の鉄道写真を中心に、当時としては超贅沢なカラーフィルムで日本の風景を多数撮影してきた。半世紀以上の歳月を経て、今なお色褪せない最上質のコダクロームの6000枚の中から、選りすぐりの382枚を、当時の思い出話とともに公開する。鉄道写真に写り込んだ、生活感あふれる風景ポートレートの数々には、東京五輪を前に激変する東京の様子や、今では失われてしまった懐かしい地方の町の風景、人々の様子が記録されている。

参考:公式サイト

「秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本」の感想

まず昭和30年代は東京タワーが建設中で、何年か前に公開された映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のあの世界です。カラー写真が普及しだしたのが、昭和40~50年代のようですので、昭和30年代のカラー写真というのは本当に貴重です。しかも撮影されてから60年が経ち、経年劣化していてもおかしくないのですが、どの写真も本当にキレイに映っています。

北は北海道から、南は鹿児島まで、日本全国の鉄道がある大抵の都市の写真が掲載されています。もちろん?地元福岡の写真もあったのですが、今とは風景が違いすぎてどこで撮影したのか分からないので、時代による街並みの変わりようが伺い知れます。

福岡の写真では、一部だけ今でも残る文化財が写っているものがあり、しかもその建物が街の中心部でよく見かけるものでした。試しにgoogle マップで見比べてみましたが、ビルも橋も文化財の周りは全て変わっていました。街というのは恐ろしいほど変わり忘れられ生きている物だなと改めて思いました。

まとめ

「秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本」は、昭和の風景が盛沢山の写真集です。時代検証などの資料としても使えそうですし、人の営みなどに興味を持っている方にも大変興味深いものになっていると思います。

気になった方は、60年前の日本にタイムスリップしてみませんか?