【オススメ本】人生という道に迷った時に読む本!「答 / 軌保 博光」

2018年11月8日エンタメ, 軌保博光(てんつくマン)

人生という道に迷った時に読む本「答 / 軌保 博光」

オススメの本を紹介します!
この本によって人生の感じ方、考え方が変わりました!
この本にかなりの影響を受けています。

一例として、いくつか言葉を紹介します。
・答えも道もひとつじゃない
・人生はなんでもありの楽しんだもの勝ち
・迷ったら迷わず楽しい道へ行け

たった一度きりの人生なのだから、やりたい事をやりたいようにやる。

これは誰しもが考えることだとは思いますが、実際はそんなにとんとん拍子でうまくいきません。だからこそ、悩んだり落ち込んだり虚勢をはるわけですが、そんな時にそっと背中を押してくれる言葉がたくさんあります。「悩む時間がもったいないよ」、「100%本気でやっているのか」と心に響く、あるいは耳の痛い問いかけもあります。

全体としては、前向きでポジティブな内容で人生の心構えを示してくれます。偉人の名言集もいいですが、たまには心から素直に紡ぎだされた言葉に触れるのもいいです。

 

答という本が生まれたきっかけ

この本はもともとは軌保さんが路上で、あなたを見てインスピレーションで言葉を書きますという
サービスで培われた言葉達をまとめたものです。
軌保さんは他にもいくつか本を出版されており、どれも生きる上での悩みや迷いなどに対してアドバイスしてくれるものになっています。
ちなみに現在は「てんつくマン」として、NPO法人「MAKE THE HEAVEN」で活躍しているそうです。
http://tentsuku.com/home.php

 

余談

一度だけ軌保さんにお会いした事があり、言葉を書いてもらった紙は、今も壁に飾って忘れないようにしています。