【お父さんが教える13歳からの金融入門】第1章「カネ、カネ、カネ」の感想!お金は一生ついてまわる

エンタメ, , 資産運用, 金融知識お父さんが教える13歳からの金融入門

「お父さんが教える13歳からの金融入門」とは?

お父さんが教える13歳からの金融入門」とは、日本経済新聞出版社から出ている子供向けにわかりやすく書かれた金融入門書です。

この本は、デヴィッド・ビアンキさん(訳:関 美和さん)が、13歳の息子トレント君にお金と投資の基本を教える為に書き始めたそうです。つまり、本当に13歳の子向けに書かれている為、非常に読みやすく分かりやすいです。

大人になってしまった人でも、会計やファイナンスや経済・投資をまともに勉強した事がない方も多くいると思います。まだ読み始めたばかりですが、お金と投資に関わることは網羅的に取り扱っているため、これから貯金したいとか投資を始めてみたいといった方でも全体像を知る為に有益と思います。

子供向けの本だと侮るなかれ。

おカネの話は、退屈でもなければ、気後れするようなものでもないし、すごく複雑ってわけでもない。知っておくべき基本原則は単純だし、わかりやすいイラストつきなら、どこの国の若い人たちだって、すべてが理解できるはずなんだ。
……それでは、行ってみよう。おカネと投資と株式市場の世界への旅に、いざ出発だ。
――はじめにより。

「お父さんが教える13歳からの金融入門」第1章「カネ、カネ、カネ」の内容

第1章は、おカネってそもそも何だっけ?と振り返りから始まります。

生まれた時から、生きている間、死ぬときにもお金がいるんだよ、と。普段は当たり前の事としてあまり意識していませんが、確かに生きてるだけでお金がいります(笑)

・食費
・家賃あるいはローン
・光熱費(水道、電気、ガス)
・衣服費
・税金
・交通費(車やバイク、ガソリン、自転車、電車など)
・医療費
・交際費
・その他いろいろ

このブログだって、サーバー代やドメイン代それからインターネット代がかかっています。

読み進めると、世の中には国や地域によって様々な通貨があること、為替レートがある事などが説明されます。1ドルは何円などのあれです。テレビニュースなどで見かけた事もあると思います。

読み進めるとさらに、お金の稼ぎ方をざっくりと紹介してくれます。今は副業だとかユーチューバーなども有名になってきましたが、ほとんどの子供はおおむね毎月決まったサラリーを受け取るサラリーマンを思い浮かべると思いますので、他の選択肢を紹介してくれるのはいいですね。

さて、このような感じで様々な金融知識を深追いし過ぎずに紹介してくれるのが本書です。

「お父さんが教える13歳からの金融入門」の感想

まえがきにも書かれていますが、お金に関しては学校で教えてくれず、親すらも教えてくれなかったりします。13歳くらいの大人だけでなく、お金や投資など金融について勉強したい大人にとってもオススメです。

この本をオススメしたい方は、実際の投資テクニックよりもまず金融について勉強したい方です。

小難しい言葉はほとんど出てきませんし、あったとしてもイラスト付きで分かりやすく説明があります。テクニックは書かれていませんが、身近なものに例えて仕組みを解説してくれます。

本当に読みやすいのであっという間に2章(56ページ)まで読んでしまいました。