【2018年11月のブログ運営報告】2年11カ月で、PV数573という数字

ブログ運営, ライフハックブログ運営報告

2018年11月のブログ運営報告の概要

2018年11月のブログ運営報告です。

PV数:573 (アナリティクスを参照したデータ。自分は除外してます。)

2年11カ月運営しておいて、この数字はすごいですね。その理由も後述しますがよくあるパターンなのかもしれません。ちなみに、先月のPV数は685だったので下がっています。

記事数はようやく100記事を突破しました。

Google Adsenseの方は、見積収益額で¥13となりました。¥0ではなかっただけ、マシだと思っています。たまに数円ずつ収益が発生していました。

2018年11月のブログ運営で改善したこと

なるべく多く記事を書く

11月は頭の片隅にブログがずっとあるくらい意識して、記事を書くようにしていました。本当は毎日書きたかったのですが、ネタが思いつかなかったり、疲れていたりで、結果的に休み休み書くことになりました。記事数としては先月や先々月を超えられたので、よしとしています。

・10月 9記事
・11月 15記事

パーマリンクを設定

この記事にも書いたのですが、実は今までパーマリンクは面倒くさがって設定していなかったのですが、アナリティクスで見た時にどの記事がよく読まれているか分かりづらかった為、設定するようにしました。不幸中の幸いとして全体の記事数は100にも満たなかったこともあり、過去記事も含めて全て設定しなおしました。おかげで、どの記事が読まれているか分かりやすくなりました。

読みたくなるタイトル見出しに変更&キーワードを意識

今までは事実を淡々と書くような見出しタイトルばかりで、読者が読みたくなりそうかを全く意識していませんでした。もともと好きなことでも書いて、収益でればいいなあと淡い思いで記事を書いていたので(つまり甘かった)、これも心機一転して読みたくなるタイトルに全記事を改修しました。また、検索の流入となるキーワードも含めるように変更し、キーワードプランナーも使い始めたところです。

リライト&記事削除

内容の薄かった記事はリライトして、多少とはいえ内容の充実化を図りました。また記事数のカウントにしかならないような内容の少なすぎる記事は思い切って削除しました。これは、内容の充実度や文字数が検索に有利らしいと見かけたからです。現状の方針としては、最低500文字、目標は1000文字以上で記事を書くようにしています。おそらく、もう一段ステップアップするには、本当の意味で見やすくまとまった内容のブログ記事を書く事になり、2000~3000文字くらいになるのだろうなと予想しています。

これまでの経緯とこれからの方針

2016年1月に開始したこのブログですが、よくある3カ月くらいで飽きてしまい、たまに思いだしたように書いては、2016年11月に長い放置期間に突入しました。理由としては、転職による環境の変化などもありますが、何より自分の今期の無さが原因でしょう。

とはいえ、放置していてもサーバー代とドメイン代がもったいない事もあり、2017年10月に再開することになりました。自分のサイトを持っていると何かかっこいい気がしていて閉鎖するつもりは全くありませんでした。再開したものの、気まぐれにひと月に数記事を書くのみで本格稼働には至りませんでした。

2018年5月頃になってようやく本腰を入れて、再開しようと動きだします。まず、自らhtmlとcssのコードを書いて構築したサイトと本ブログの2つがあった為、整理することにしました。自作サイトはレンタルサーバーのアドレスそのままに変更し、本ブログは自作サイトで使っていたドメインに入れ替えることにしました。これはハンドルネームとサイト名などの統一を図る為でした。本ブログでもともと使っていたドメインは解約しました。また、googleの方針でhttpからhttpsへの流れがあった事もあり、https化に移行しました。

2018年7月になって、ようやくブログ記事を書きだすものの、8月と9月は色々と立て込んだため、またも数記事を作成するに留まりました。そして、10月から現在に至っています。ブログ運営が始まって2年11カ月が経っていますが、数値や記事の内容や見やすさなどが、まだまだ及ばないのは以上の経緯があるからでした。

正直に言えば、もっと真面目にやっていれば今頃はこのブログももっともっと成長していただろうと思うので、非常に残念に感じています。しかし、文句を言うべき相手は自分であり、今ここから成長させていくしかありません。

継続は力なり。

まさにこの通りでPV数は少ないとは言え、今年の5月頃に比べると緩やかですが右肩上がりにブログは成長しています。このままブログ記事を作成しながら、質の方にもこだわっていきたいと思います。